【南米ひとり旅】クスコからマチュピチュへ鉄道での行き方 ② ~ オリャンタイタンボへの移動方法~

クスコからオリャンタイタンボ駅への移動

2019年の11/19~12/6まで、南米のチリとペルーを旅してきました。

今回の旅の目的は、星で有名なアタカマ砂漠、町中がアートのバルパライソ、自然が生み出した秘境マーブルカテドラル、そして空中都市マチュピチュを訪れること。

マチュピチュを訪れる旅行者が利用する頻度が最も高い駅と言えば、オリャンタイタンボです。

オリャンタイタンボ駅は列車の発着本数が多く、年間を通して営業しています。一方で、クスコ市内からは遠い郊外に位置する為、移動方法は事前に下調べが必要になります。

今回はそんなオリャンタイタンボ駅への行き方、時間、料金、そして実際の移動の様子をまとめてみました。

下記ブログの内容は2019年12月時点での情報となります。

使用している為替レート:
1ソル(PEN)=32円

目次

オリャンタイタンボ駅への移動手段

クスコ市内からオリャンタイタンボ駅へ自力で移動する場合はコレクティーボタクシーを利用します。

下記はおよその所要時間と料金です。

所要時間料金
コレクティーボ約1.5~2時間10~15ソル(320~480円)
タクシー約1~1.5時間交渉次第*(注)

*(注)タクシーの料金に関しては下記の『タクシー』の見出しをご参照ください。

尚、クスコにはウーバーも走っていますが、オリャンタイタンボまでは高額となる為、この記事では触れていません。

私の場合、行きはコレクティーボ、帰りはタクシーを利用しました。

メリット・デメリットも含めて、それぞれの行き方をもう少し詳しく見てみましょう。

コレクティーボ

コレクティーボとは『乗り合いバス』のことで、15人前後が乗れる大型のバンになります。

クスコ市内にあるコレクティーボ乗り場は2ヵ所。どちらもアルマス広場からは徒歩10分ほどです。

私は下記地図上のピンが立っている乗り場から乗車しました。ここからポロイ、ウルバンバを経由して、ペルーレイルやインカレイルが発着するオリャンタイタンボ駅へ行くことが出来ます。

コレクティーボの予約は不要です。

料金の相場は10ソル/片道(320円)で、降車時に支払います。

タクシーと比べて、コレクティーボのメリットは値段の安さと、座席にゆとりがあること、デメリットはタクシーと比較して乗車時間が長いことです。

クスコのパビトス通りコレクティーボ乗場
コレクティーボ乗場・奥に見える白いバンがコレクティーボ

タクシー

タクシーは流しの車をつかまえるか、または上記のコレクティーボ乗場に行けば沢山待機しています。

料金は交渉制です。

乗車する時間帯、人数、発着地点、等で料金が変わる為、一概にいくらという事ができません。ただ、1人で乗ると絶対的に高くなるので、オリャンタイタンボ駅を目指す旅行者と乗り合いしていくのがおすすめです。

インカレイルのウェブサイトによると、タクシー料金の目安が、オリャンタイタンボ駅までは片道最大100ソル(3,200円)となっています。この金額はかなり早朝の時間帯も含んでいると思うので、実際はそこまでしないはずです。

タクシーのメリットは、なんといっても乗車時間が短く済むことです。デメリットはコレクティーボよりは値段が高くなることと、乗合だと座席が狭いことです。

私はオリャンタイタンボ駅からクスコに戻る際にタクシーを利用しました。

4人乗り合いで1人13ソル(416円)の交渉だったのですが、最後の1人が見つかりませんでした。

タクシーの運転手さんがいい人で、料金をそのままにしてくれたので13ソル x 3人の合計39ソル(1,248円)でオリャンタイタンボからクスコのアルマス広場まで戻ることが出来ました。

時間はおよそ1時間でコレクティーボより断然早かったです。

その他、マチュピチュに行く際の荷物制限や、自力で移動するのに不安がある方へのBimodalサービス等については下記の記事で触れていますので、宜しければご覧ください☟

実際の移動の様子 ~クスコ➡オリャンタイタンボ➡マチュピチュ村~

ここからは実際にコレクティーボで移動した時の様子です。

クスコ市内のコレクティーボ乗場からオリャンタイタンボ駅へ

私が購入した列車は11:52amオリャンタイタンボ駅発のマチュピチュ村行き。

発車時間の30分前(11:22am)にはオリャンタイタンボ駅に着くように、3時間の移動時間を見積もりました。

3時間の移動時間の内訳は、クスコ➡オリャンタイタンボが最大2時間+もしもの為の予備時間1時間=3時間です。

その為、コレクティーボ乗場には8:30am前に到着するように宿を出ました。

乗り場に到着すると、直ぐに『コレクティーボ(Collectivo)?』『タクシー(Taxi)?』とそれぞれの運転手が声を掛けてくるので、料金を交渉してから車に乗り込みます。

コレクティーボのバンは古くも無く新しくも無く、普通に綺麗でした。

コレクティーボは満席になるまで出発しません

列車の出発時間までにオリャンタイタンボ駅までたどり着けるかしらと少しハラハラしながら待つ事30分。やっと人数が集まり9時過ぎに出発です。

車内にはいい感じで音楽が流れてきて、アンデスの山々を見ながら聞く”コンドルは飛んでいく” は格別でした(^^♪

この時乗ったコレクティーボは運転が上手で、揺れもあまり気にならず外の景色を楽しめたのもよかったです。

道中はほとんど止まることなく、トウモロコシ畑や小さな町を通り過ぎていきます。

クスコを出発してから1時間半ほど経ったところで、オリャンタイタンボプラザに到着。お土産屋さんやレストランがひしめいて可愛らしい町です。ここで半分ほどの乗客が降りていきました。

そこから更に10分ほどで終点のオリャンタイタンボ駅に到着!

時計を見ると10:40amだったので、クスコからオリャンタイタンボ駅まで2時間かからずに来ることが出来ました。

コレクティーボの車内には頭上に荷物を載せられる棚があります。

貴重品は身に着けるか、常に手元に置いておきましょう

私は貴重品以外の着替えが入った小さなナップザックを棚に載せたところ、バンから降りる頃には車の振動のせいかあり得ないほど後ろの方に移動していました。

外の景色に夢中になって荷物の存在をすっかり忘れていたので、貴重品を入れていたら危なかったかも…と、一瞬ヒヤリとした瞬間でした。

オリャンタイタンボ駅
オリャンタイタンボ駅

駅周辺には、小さなお土産屋さんや屋台が並んでいます。電車を待っている間ここでご飯を食べて過ごす人たちもいました。

コレクティーボやタクシーが待機する駐車場の近辺には有料トイレ(1ソル=32円)が2カ所ほどあります。

オリャンタイタンボ駅近くにあるトイレ
オリャンタイタンボ駅近くにある有料トイレの建物

写真のトイレを利用したところ、普通に使えましたが、水を撒いて掃除した直後だったのか床が水浸しでした。

ちなみに、オリャンタイタンボ駅からクスコ市内へ戻るには...
オリャンタイタンボ駅に行く時とは違って、タクシーやコレクティーボの乗り場を探す必要はありません

マチュピチュからの列車がオリャンタイタンボ駅に到着すると、駅周辺に待機しているコレクティーボとタクシーが『Cusco!Cusco!』と叫びながら一斉に客引きを始めるので、料金を交渉して車に乗ればクスコ(通常はアルマス広場)へ戻れます。

駅のホームとペルーレイル

駅のホームに入って、右手に進むと待合室があります。小さなCafeとトイレ、そしてwifi(セキュリティ無し)も備わっています。

チケットには出発30分前の11:22amには待っている様に書いてあったので、その時間になったら乗車できるのかと思いきや、列車がホームにやってきたのは11:40amでした。

予定通り11:52amに出発!

ペルーレール・エクスペディション2
ペルーレールのエクスペディションの座席

ペルーレイルは3つのクラス(ハイラム・ビンガム、ビスタドーム、エクスペディション)に分かれています。

私が乗ったのは一番安いエクスペディションでしたが、車内は側面と天井に窓があって明るく、とても清潔。座席が想像していたより広く座り心地も良かったです。

基本的に列車の座席は選べませんが、乗った車両はたまたま空席が多く、担当者さんが好きな席に移動させてくれました。

もしも当日の状況で選べるようであれば、座席は進行方向左側(川がある谷側)がおススメです。

エクスペディションでは飲み物や軽食は有料サービスです。発車して少しすると、メニューを配ってくれます。ドリンクやスナック類が5ソル(160円)からと観光地価格で高めでした。

列車から眺める風景はとてもダイナミック!

この日は曇り空でしたが、雨季独特の霧がかかった風景は神秘的で、線路の直ぐそばにそびえ立つ山の姿は圧巻でした。

川にはゴーゴーと濁流が流れ、時間が経つにつれ木々の緑が増していきます。

こんなに沢山ある山の中からマチュピチュ遺跡が発見されたのだなと思うと、写真だけを眺めていた時とはまた別の感動が湧いてきて、感慨もひとしおの列車の旅になりました。

目次
閉じる