【南米ひとり旅】ペルー・リマ空港とミラフローレス間の移動方法 ~昼間はシャトルバス、深夜ならTaxi Greenの利用がおすすめ~

リマ空港に到着したスカイ・エア

2019年の11/19~12/6まで、南米のチリとペルーを旅してきました。

今回の旅の目的は、星で有名なアタカマ砂漠、町中がアートのバルパライソ、自然が生み出した秘境マーブルカテドラル、そして空中都市マチュピチュを訪れること。

南米の旅もいよいよ後半に突入し、チリを出国してペルーへ移動。

マチュピチュを訪れる前にリマに滞在しました。

リマ空港と言うと深夜に到着する便が多い為、空港から宿泊先までどうやって移動するか、安全面はどうなのか、心配な方も多いのではないでしょうか。

今日は実際に私が利用したTaxi Greenでの深夜の移動の様子と、空港シャトルバスのAirport Express Limaについてまとめてみました。

下記ブログの内容は2019年12月時点での情報となります。

使用している為替レート:
1ソル(PEN)=32円

目次

リマ国際空港の認可を受けた送迎サービス会社

リマ国際空港(LIM)と市内間の移動手段としては主に、バス、タクシー、ウーバーがあります。

その中でもリマ空港の認可を受けオフィシャルサイトにも載っている送迎会社が下記の4社。

  • Airport Express Lima
  • Taxi 365
  • Taxi Direct
  • Taxi Green

Airport Express Limaは空港からミラフローレスとサン・イシドロ地域を結ぶシャトルバスです。

Airport Express Limaの特徴

  • 4社の中では最も料金が安い(片道$6~$8USD)
  • 無料Wifi等、車内の設備が整っている
  • 空港から市内へ移動にかかる時間は60分~110分
  • バスを降りてから宿泊先までは荷物を持って自力で移動しなければならない
  • 時刻表があり、運行時間は限られる

Taxi 365/Taxi Direct/Taxi Greenの3社はいわゆる日本のハイヤー(予約して乗車するタクシー)です。

Taxi 365/Taxi Direct/Taxi Greenの特徴

  • 料金は行き先により40~60ソル(1,280~1,920円)前後
  • 必要に応じて車種(セダン、ミニバン、ミニバス)が選べる
  • 空港から市内へ移動にかかる時間は30分~60分
  • 宿泊先まで送迎してもらえる
  • 24時間いつでも営業

シャトルバスを含め、各タクシー会社のサービスカウンターは、国際線・国内線共に、到着ロビーに出る直前に並んでいます。

到着ロビーに出てしまうと違法のタクシー業者がわっと押し寄せてくるので、必ずロビーに出る前に手配しましょう。

深夜にTaxi Greenを利用した時の様子

チリのパタゴニア地方からサンチャゴ空港を経由して、00:30amの真夜中にリマ空港到着。

深夜にも関わらず、空港内はまるで昼間の様にお店が普通に営業しており、人の多さにはびっくりしました。

入国審査後、バゲージクレームを通り、税関をぬけると各Taxi会社のカウンターが並んでいます。

今回はパッと見て雰囲気の良かったTaxi Greenを利用してみました。

リマ空港のTaxi Greenサービスカウンター
空港内にあるTaxi Greenのカウンター

英語が通じます。

行き先に関しては間違いがあるといけないので、予めホテルの住所を紙に書き出しておいたものを提示しました。

ミラフローレスまでは60ソル(1,920円)。

現金(ソル、US$、ユーロ)以外に、クレジットカード(ビザ、マスター)での支払いが可能でした。

サービスカウンターの係員がその場で運転手に引き合わせてくれます。

その運転手さんの後をついて到着ロビーに出た途端、ものすごい数の人・人・人!

おそらく、週末の金曜から土曜日にかけての移動だったせいもあるかもしれませんが、思わずギョッとするほどの人混みです。

そのほとんどがタクシーの客引きでしたが、Taxi Greenの運転手さんがいてくれたお陰で、一切声を掛けられることなくスルスルとロビーを抜けて車に乗車することが出来ました。

チリのサンチャゴ空港の客引きもすごかったですが、リマ空港の人数はそれ以上で、ロビーに出る前にTaxiを手配して本当に良かったです。

車が走り出すとしばらくは暗い道を通っていきます。

真夜中だったせいか道路はガラガラで、市内に入ってからも走っている車はほとんど見かけませんでした。そのせいか余計に、ここで何かが起こって助けを求めても気づいてもらえない可能性が高いなぁと感じました。

空港とその周辺はリマでも特に危険と言われる地域のひとつ。

一見、車内にいれば安全そうですが、『窓割強盗』と言って、信号で止まっている車の窓を割ってカバンや携帯等の貴重品を奪う事件も多発しているそうです。

信頼のおける送迎会社を選ぶことはもちろんのこと、移動中は携帯の明るさで車内が見えない様極力携帯を使わないようする、後部座席の中央に座って窓からなるたけ距離を取る、手荷物は座席の下に置いて外からは見えない様にする、等、自分自身を守る安全対策方法を事前に確認しておくことはとても大切だと思いました。

ちなみに、Taxi Greenはこんな会社です☟

  • 19年の歴史を持つ送迎会社
  • 2000年当初、リマ空港やその周辺の治安が非常に悪化していた時期にペルーでいくつかのタクシー組合が協力して設立
  • 自分たちが築き上げてきた経験を活かしながら、安全で効率の良い移動サービスを提供することをモットーとする
  • ドライバーはバイリンガルで、服装を含むカスタマーサービスのトレーニングを受けている

*上記はhttps://www.taxigreen.com.pe/から抜粋して意訳しています。

今回担当してくれた運転手さんも、ラフでしたがスーツ姿で、とても穏やかな対応をしてくれる方でした。運転も丁寧で、英語が通じたのはやはり心強かったです。

空港から丁度1時間ほどで無事ミラフローレスにあるホテルに到着。

深夜の移動にTaxi Greenはおすすめです。

Taxi Greenのオフィシャルサイトはこちらから

Airport Express Lima について

Airport Express Limaは、安全、確実、そして格安と三拍子揃った空港公認のシャトルバス

Airport Express Limaのパンフレット

2017年から運行が開始されたサービスで、リマ空港からミラフローレスとサン・イシドロ地域を結んでいます。

バスの運行頻度はおよそ1時間に1本。

乗り降りできるバス停がミラフローレス地域には9カ所、サン・イシドロ地域には4カ所あります。

Airport Express Limaのオフィシャルサイトの中にある『WHERE WE STOP』をクリックするとバス停のマップが出てきます。その画面の下の方に宿泊先を入力/選択すると宿泊先から一番近いバス停と、宿泊先からバス停まで何分かかるか判ります。

スクロールできます
行先運行時間片道料金往復料金
リマ空港⇒ミラフローレス7:00am - 00:05am$8USD$15USD
ミラフローレス⇒リマ空港6:00am - 22:00pm$8USD$15USD
リマ空港⇒サン・イシドロ7:00am - 00:05am$6USD$11USD
サン・イシドロ⇒リマ空港6:35am - 22:35pm$6USD$11USD
スクロールできます
乗車券を購入できる場所支払方法
①オフィシャルサイトクレジットカード
②空港ターミナル内のサービスカウンター現金、クレジットカード
③宿泊先のホテルのレセプション現金、クレジットカード
④当日直接バスに乗車してから支払う現金のみ
時間や料金、支払い方法は変更される可能性もありますので最新の情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

④の当日直接バスに乗車してから支払う場合の注意点としては、万が一バスが混んでいた場合は事前購入している乗客が優先されるので、自分が乗りたい時刻のバスに乗れない可能性があります。また支払時にお釣りがでない様に現金を用意することも必要です。

このシャトルバスの最大のポイントは、何と言っても時間に正確なコトです。

各停留所への到着・出発が、時刻表通りに運行されます(ただし、ラッシュアワーや事故等による特別の場合を除く)。

バスの車内は無料のWifiや、充電の為のUSBポート、エアコンが完備されているのも嬉しいポイント。

また、持ち込む荷物の数に制限はないので、荷物の多い人にも安心です。

オンラインでの購入方法

オンラインからのチケット購入はとてもシンプル。

乗車する日にちや時間の指定は不要です。購入から6カ月以内であればいつでも好きな時に利用できます。

Airport Express Limaのオフィシャルサイトにアクセスしたらまずは『PRICES』をクリック。そうすると下記のTicketsの画面が出てくるので『FOR FOREIGNERS』の所にある下向きの矢印をクリック。

Airport Express Limaチケット購入方法1

自分が利用する出発地と目的地が書いてあるほうの『BOOK NOW』のボタンをクリック

Airport Express Limaチケット購入方法2

次の画面からはチケット購入に必要な情報を入力していきます。表示されている出発地と目的地が正しいか確認したら、片道/往復、人数をそれぞれ選択して『CONTINUE』のボタンをクリック

Airport Express Limaチケット購入方法3

下記の画面では、氏名、メールアドレス、国籍を入力。ここで入力したメールアドレスにバーコードが送信されるのでスペルミス等が無いように注意。

Airport Express Limaチケット購入方法4

更にクレジットカード情報を入力して『Pay$8USD』(片道の場合)のボタンをクリック。

Airport Express Limaチケット購入方法5

購入が完了すると入力したメールアドレスにバーコードが送信されてきます。そのバーコードを乗車する際に携帯画面で提示すればOK。プリントアウトは不要です。

私はリマ空港に向かう際に、6:20am発のシャトルバスを利用しました。

ミラフローレスにある⑤RARQUE KENNEDY SCHELL のバス停から乗車。

当日は曇り空でしたが、朝6時過ぎには下記の写真の明るさだったので、怖い感じはありませんでした。

Airport Express Limaの⑤停留所
乗車当日のバス停の様子

車内はとても清潔で、Wifiもサクサク繋がるので快適です。

バス停から宿泊先まではどうしても歩くことになるので、深夜の利用は避けた方が好いかも知れません。

日中ならばオンタイムで料金も安く移動できるシャトルバスはメチャクチャおすすめです。

Airport Express Limaのオフィシャルサイトはこちらから

今回、自分自身は特に怖い目には合いませんでしたが、リマ滞在中も邦人被害の情報が頻繁にメールで送られてきていたことを考えると、やはり用心に越したことはないと感じます。移動方法を選ぶ際にこのブログが何かしらの参考になれたら嬉しいです。



目次
閉じる