【南米ひとり旅】クスコ空港⇔市内の移動方法 ~タクシーとコンビ(ローカルバス)に乗ってみた~

クスコ・アルマス広場1

2019年の11/19~12/6まで、南米のチリとペルーを旅してきました。

今回の旅の目的は、星で有名なアタカマ砂漠、町中がアートのバルパライソ、自然が生み出した秘境マーブルカテドラル、そして空中都市マチュピチュを訪れること。

いよいよ今回の南米で最後の目的地、クスコに入りました。

クスコには移動方法のひとつにコンビ(Combi)と呼ばれるローカルバスがあります。とっても安くて便利なのですが、時刻表や経路の情報がほとんど無い為、乗りこなすのは難しいと言われています。

今回の旅では、タクシーとこのコンビを空港⇔市内間の移動に利用したので、乗り方をまとめてみました。

下記ブログの内容は2019年12月時点での情報となります。

使用している為替レート:
1ソル(PEN)=32円

目次

クスコ空港から市内への移動方法

クスコ空港の正式名称は『アレハンドロ・ベラスコ・アステテ国際空港(Aeropuerto Internacional Alejandro Velasco Astete)(IATA:CUZ)』。

同じペルーでも都会のリマと比べるととてものんびりとした印象の空港です。

クスコ空港

空港からクスコの中心地(セントロ)ヘの移動方法は、ウーバー、タクシー、またはローカルバス(コンビ)があります

どの移動方法にするか迷ってしまう場合は、①安全面、②荷物の量と行き先、③料金、の順で考えていくと良いです。

①安全面

クスコの治安は比較的安全と言われています。ただし、人が多い場所やコンビ内ではスリや置き引きにあいやすいので注意が必要です。特に南米やクスコを初めて訪れる場合は、タクシーかウーバーでの移動がおすすめです。

②荷物の量と行き先

コンビは大きな荷物に対応していません。また、宿泊先が急な坂の上にある場合はタクシーやウーバーに乗ってしまったほうが体力的に楽です(注意:宿の前まで車が乗り入れられるかどうかは口コミなどから事前に確認を!)。

③料金

一番安いのがコンビ<タクシー<ウーバーの順で高くなります。

空港から市内へタクシーでの移動

私が泊まる宿はタクシーが入れる平地にあり、荷物の量も問題が無かったのでコンビに挑戦してみたかったのですが、安全面に不安があった為空港から市内へはタクシーを利用しました。

クスコのタクシーはメーターではなく交渉して値段が決まります

後でトラブルにならない様に、必ず通貨の単位(ソルなのかUSドルなのか)まで確認してから乗車するようにしましょう。できれば支払はお釣りが無いようにすれば更に安心です。

空港からセントロまでのタクシーの相場は6~10ソル(192~320円)。

所要時間は15分前後です。

南米の空港には客引きのドライバーが常にいる印象ですが、クスコでは到着がお昼時だったせいか数えるほどしかいませんでした。

声を掛けてきたドライバーが相場の金額だったので、とりあえずアルマス広場まで乗車。

渋滞がなければ町に入るまではあっという間です。

何事も無くアルマス広場に到着して支払いを済ませることが出来ました。

ローカルバス(コンビ)で市内からクスコ空港への行き方

空港から市内へ移動する際と同様に、市内から空港へも、ウーバー、タクシー、ローカルバス(コンビ)が移動手段となります。

クスコの町や人の様子にも慣れてきたので、空港まではコンビを利用してみました。

空港行きのコンビやその停留所がどこにあるかは、宿泊先で尋ねれば確実です。

私の場合は宿のそばを通る青いバス(RTU-18)に乗れば空港へ行くよ、と宿のオーナーが教えてくれました

クスコのバス停
コンビの停留所はこの看板が目印

セントロから空港までの所要時間はおよそ30分。渋滞や事故の際は更に長くなります。

万が一に備えて、飛行機の出発時刻の4時間前には停留所に向かいました。

この日は少し渋滞していて、最終的に空港までかかった時間は40分ほどです。

車体の横に『AEROPUERTO(空港)』とあれば空港に行きます。念の為、乗車時に運転手さんにも確認しましょう。

クスコ空港行ローカルバス
コンビの車体に記載されていた行先き

コンビは乗客が多く、かなり混みます。私が乗った時は丁度下校時間だったのか、学校帰りの子供がいっぱいでした。

コンビの中はスリが発生しやすいです。カバンの上から手で押さえて置く等、常に警戒を忘れずに!

日本と同じ様に、次に停まる停留所を運転手さんがアナウンスしてくれます。

『Aeropuerto(アエロプエルト/次は空港です)』と聞こえたら『Voy a bajar(ボイ・ア・バハール/降ります)』と叫ぶか、または英語でもいいので、とにかく大きな声で降りることをアピールしましょう。

クスコ空港のバス停
空港と空港敷地外に隣接するそれぞれのバス停の位置
空港から市内へコンビを利用する場合

空港の建物を出て空港敷地内を右方向にずっと歩いて行けば、上の写真にある『市内方面行バス停』からコンビに乗ることが出来ます。

コンビには前方、真ん中、後方と3つドアがあって、真ん中のドアには車掌さんがいます。

運賃はこの車掌さんに行き先を告げて支払います。

支払をするタイミングは人それぞれで、乗車時、途中、下車時...と、皆バラバラでした。

混んでいて乗車中に支払いが出来ない場合は、各停留所で車掌さんがバスを降りて運賃を集めるので、そのタイミングで支払えばOKです。

コンビの支払は現金のみ。乗車時は1ソルのコインを用意しておきましょう。

コンビの運賃は事前情報では0.6~0.8ソル(19~26円)と聞いていたところ、なんと0.3ソル(9.6円)でした!乗ったコンビがたまたまその料金設定だったのか、何かの間違いだったのかは謎。。。

もし、荷物の量がキャリーバッグひとつ位の大きさで、南米にある程度慣れているなら、1ソル(32円)かからずに空港と市内間を移動できるコンビは断然安くておすすめです。

目次
閉じる