やっぱり美味しい!NYでタイレストランと言えばSriPraPhai

パッタイ

SriPraPhai(シープラパイ)は、NYだけにとどまらず、日本の芸能界も含めて知る人ぞ知る、有名なタイ・レストラン。ずっとご無沙汰していたのが、突然食べたくなって久々に行ってきました。結論はタイトルからも判る通り、やっぱり美味しい!笑。

変化の激しいニューヨークでは、長年続いたレストランのオーナーが変わって味が落ちてしまうこともしょっちゅうですが、シープラパイはオープン以来20年以上が経つ今も他のタイレストランとは一線を画す美味しさが健在です。

このブログはこんな方にお勧めです。
ニューヨークで:

  • タイ料理が好き
  • とにかく美味しいタイ料理が食べたい
  • 有名なタイレストランを知りたい
  • SriPraPhaiの名前は聞いたことがあるけど行ったことが無い
  • SriPraPhaiが今どんな様子か知りたい
目次

ロケーションとお店の様子

地下鉄7番線のWoodside駅から歩いて4分ほど。地下鉄Ⓜ、Ⓡで65th Street駅から歩いても5~6分の距離にあるシープラパイは 住宅街に位置するレストラン。

グーグルマップを開く

コロナ前は夕方ともなると行列を成すお客さんの姿が電車の窓から見えるほどの盛況ぶりでした。コロナ禍の影響で以前ほどの活気は無いものの、1990年代のオープン以来、今もお客さんが絶えない人気店です。

広くて明るい店内

店内に入ると、巨大なサニタイザーのポンプがど~んっと置いてあるのでまずは手を消毒。検温を済ませたらテーブルへ。入店時間やテーブル番号が書かれた用紙をくれるので、連絡先を書き込みます。店内のダイニングエリアはUVC(紫外線)空気清浄機が使用されているそうです(by店頭の貼紙)。

金曜日の昼時。雨にもかかわらず、私がいる間だけでもイートインが8組、ピックアップが3組ほど訪れていました。店内はとても広く、テーブル同士の距離もあるので多少お客さんが多くても気になりません。

濡れた傘をビニールに入れようとしたら、店員さんがささっと傍に来て手伝ってくれました。オーダーを取りに来るタイミングから精算まで、とにかくお店側の接客が迅速+丁寧で行き届いています。

テーブルにはクロスがかかっており、その上に更に大判の紙が敷かれています。この紙をお客さん毎に取り換えているので、テーブルの上も感染予防が徹底していて安心です。

SriPraPhaiのパテイオ
暖かい日はパテイオで食事が楽しめる

また、お店のトイレには、便座に回転式のビニールシート(センサーに手をかざすとビニールがぐるぐる回って新しいものに交換される)が設置されているので、こちらも安心して使用することが出来ます。

トムヤムクンとパッタイ

シープラパイにはざっと数えてみただけでも130を超えるメニューが揃っています。

この日はタイ料理の定番、トムヤムクンとパッタイをオーダー。

トムヤムクンは熱々でマッシュルームたっぷり。ひとくち頂いたとたん、口いっぱいに広がる絶妙な酸味!思わず『うわーーーー♥』っと声が出そうになりました。かなりしっかりした酸味なのですが、そこに複雑な旨味と辛味、そして甘味がバランスよく合わさって、くぅーーーーーっ、となる美味しさ。どうしたらこんな味が出せるのでしょう。

このスープだけでも、幸せいっぱいになってしまうほど、久しぶりに感動的なトムヤムクンでした。これは近いうちにまた訪れてしまいそうです。

トムヤムクンにエビが入ってるので、パッタイはシンプルな豆腐とベジタブルにしてみました。運ばれてきたのは綺麗な透明感のあるカラメル色の麺と野菜の緑が鮮やかなパッタイ。見ただけで食欲がそそられます♪

パッタイを注文すると、麺がソースを吸いつくしてしまっているお店が多いなか、シープラパイのパッタイはソースがさらさらしていて、麺との絡み方が上品。麺の戻し加減も丁度好く、独特のもっちりした食感と野菜の程よいシャキシャキ感で、最後まで美味しく頂きました。

支払いに関して

支払いは現金のみです。

もしもの場合は店内にATMがあります。VISAが付いたデビットカードで引き出してみたところ、手数料は1ドルでした。

ところで、2020年10月17日からレストランの店内で飲食すると、COVIT-19 Recovery Charge(リカバリーチャージ)が上乗せされるようになりましたね。

COVIT-19 Recovery Charge(リカバリーチャージ)は、COVIT-19に対する規制によりフルで営業が出来ないレストランを支援する為に制定されたNY市の条例です。これにより、レストラン側は最大10%の追加料金を上乗せした金額を店内で飲食する利用客に対し請求できるようになりました。

このリカバリーチャージはTaxやTipを加算する前の飲食代金に対して算出されます。10%を超えなければレストラン側で%を決めることが出来るので、レストランAでは6%でも、レストランBでは9%と異なる可能性があります。

例えばリカバリーチャージが7%のレストランの店内で$20の飲食をした場合:普段なら飲食代$20+Tax+Tipがチェックに載ってきますが、現在は更にリカバリーチャージ$1.40(=$20x7%)が上乗されます。レシートを見ると『COVIT-19 Recovery Charge』と明記されているので確認してみてください。

**店内以外での飲食(テイクアウト、ピックアップ、デリバリー)と、15店舗以上あるチェーン店(例:マックやスタバ等のファーストフード店)での飲食に対してはこのリカバリーチャージは加算されません。

ちなみに、シープラパイの店内で飲食した場合に加算されるリカバリーチャージは8%でした。

もしCOVIT-19 Recovery Chargeに関して更に詳しく知りたい場合はNYCのF&Qを確認してみて下さいね。

今回何年ぶりかで訪れてみて、改めてその美味しさに感動させられたシープラパイ。現在NYには多くのタイレストランがオープンしていて、その数も年々増えてきています。様々なタイレストランを知った後で行ってみるとまた新たな感動があるかもしれません。今なら行列に並ばなくても入れるので、初めての方もぜひ試してみてほしいおすすめのレストランです。

お店・ウェブサイト情報

SriPraPhai Thai Restaurant (シープラパイ)
所在地:6413 39th Ave, Woodside, NY 11377
TEL: 718-899-9599
営業時間:11:30am-20:15pm (水曜定休) 
最寄り駅Woodside (地下鉄⑦)、65th Street Station(地下鉄Ⓜ、Ⓡ)
ウェブサイト:オフィシャルサイトはこちらから
**営業時間は変更となる可能性がある為、サイト、またはお店に直接ご確認ください**

目次
閉じる