まるでヘッドスパ!米国でも買える日本生まれのアミノ酸シャンプー“AMIMO”

AMIMOのシャンプーとコンディショナー

頭皮のべったり感や、切れ毛、髪のボリュームやぱさぱさ感に悩でいませんか? 

ボディショップ、キールズ、ジョン・オーガニック、等々、日本でも人気のあるブランドのシャンプーが手に入りやすい米国ですが、『うーーーん、どれも悪くないけど何だかしっくりこない...』と、感じている方にぜひ使ってみてほしいのが、アミノ酸がたっぷり配合されたAMIMO (アミーモ)のシャンプーとコンディショナー

頭皮と毛髪を健やかに保ちながらエイジングケアもできるAMIMOは、嬉しいことに日本だけでなく米国でも購入可能。

普段使いはもちろんのこと、記念日やベビーシャワー、大切な方へのプレゼントとしてもおすすめです。

このブログはこんな方にお勧めです。
米国/日本で:

  • 話題のアミノ酸シャンプーに興味がある
  • 現在使用しているシャンプーに何となく違和感を感じている
  • 頭を洗ったにもかかわらず翌日には頭皮がべたつきがち
  • 健康な頭皮と髪を取り戻したい
目次

AMIMOが誕生するまで

AMIMO(アミーモ)はアミノ酸を主成分としたシャンプーとコンディショナーです。

美容師・スタイリストとして世界中にクライアントをもつ荒川智大(Tomohiro Arakawa)さんがプロデュースしています。

荒川さんがキャリアを築いていく中で着目したのが、クライアントが様々な高級ヘアケア製品に多くの時間とお金を費やしているにも関わらず、彼らが髪のダメージを改善できず問題を抱え続けていることでした。

荒川さんご自身もいくつもの製品を試してみましたが、クライアントに対して『これがいいですよ!』と、自信をもって提案できるヘアケア製品には出会えなかったそうです。

そこで、クライアントの毛髪と頭皮の悩みを根本から解決するべく、荒川さんは自分で商品を開発することを決心します。

無数にあるヘアケア企業の中から、毛髪と頭皮のケアに定評のある日本の会社とコラボレーションして誕生したのがAMIMOのシャンプーとコンディショナーです。

**上記はhttps://www.amimo-usa.com/より一部抜粋・意訳しています**

使われている原料と頭皮ケアの大切さ

原料

そもそも、なぜ『アミノ酸』が髪によいのでしょう?

髪の毛や爪を含めて、人間の体はたんぱく質から出来ています。

そのたんぱく質をつくりだす原料となるのがアミノ酸です。

アミノ酸を主成分とするシャンプーで頭を洗うことで、頭皮と髪の毛の細胞にたんぱく質の元となるアミノ酸が補給され、修復作用保湿効果、更に美髪(肌)効果が期待できます。

カラーやパーマで傷んだ髪を修復するのにも◎

AMIMOのシャンプーとコンディショナーには17種類のアミノ酸と天然植物エキスが配合されています。

下記はAMIMOのボトル(米国版)に書かれている原料です。

にゃあち

緑色のマーカー線の成分がアミノ酸にゃ。

AMIMO SHAMPOO
水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ジステアリン酸グリコール、ブチレングリコール、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ポリクオタニウム-10、サリチル酸ナトリウム、ポリクオタニウム-11。香料、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、デヒドロ酢酸ナトリウム、EDTA二ナトリウム、オクチルドデカノール、水添ココグリセリド、ヒマワリ種子エキス, インパチェンスバルサミナ(ホウセンカ葉)エキス、レモン果実エキス、アルコール、システインアスパラギン酸ナトリウムアラニン、アラントイン、アルギニンリジンHCLグリシンスレオニンセリン イソロイシンバリンフェニルアラニンロイシン、イノシン酸二ナトリウム、グアニル酸二ナトリウム、グルタミン酸ヒスチジンHCLタウリンチロシンプロリン、メチルパラベン、ポリクオタニウム-7

シャンプーの洗浄成分として欠かせない界面活性剤ですが、もっとも安価で広く出回っているのは『高級アルコール系界面活性剤』と呼ばれているモノ。主に石油から出来ていて洗浄力が強すぎる為、頭皮の必要な皮脂までを洗い流してしまうことで知られています。

AMIMO SHAMPOOにはアミノ酸を原料としてつくられる『アミノ酸系界面活性剤』をはじめ、洗浄力がソフトな成分が使用されている為、必要な皮脂は残しながら優しく洗浄してくれます。また、その他に配合されている成分も植物由来のものや食品にも使われている安全性が高いものが使用されているので安心です。

にゃあち

ココイルグルタミン酸TEAは『アミノ酸系界面活性剤』、ラウラミドプロピルベタインは『両性界面活性剤』、コカミドDEAは『非イオン界面活性剤』、どれも洗浄力がソフトで刺激が少ないと言われてるニャ。

AMIMO CONDITIONER
水、ブチレングリコール、ジメチコン、ベヘニルアルコール、セチルアルコール、シクロペンタシロキサン、ステアルトリモニウムクロリド、アルギニンシステインタウリンリジンHCLグルタミン酸グリシンロイシンヒスチジンHCLセリンバリン、ナトリウム、アスパラギン酸スレオニンアラニンイソロイシン、アラントイン、フェニルアラニンプロリンチロシン、イノシン酸二ナトリウム、グアニル酸二ナトリウム、オクチルドデカノール、水添ココグリセリド、ヒマワリ種子エキス、バルサミナ(ホウセンカ葉)エキス、レモン果実エキス、オレイン酸ポリグリセリル2、パルミチン酸デキストリン、カプリル/カプリン酸トリグリセリド、メチルパラベン、メチルイソチアゾリノン、アルコール、香料

注)英語で表記されていた原料を翻訳機で日本語にしています。その為、日本語の表記とは若干異なるかもしれません。

アンチエイジング

AMIMOは頭皮と毛髪が本来の健やかさを取り戻すのと同時に、アンチエイジングにも効果が期待できる製品です。

肌の老化は多くの場合、水分不足が関係しています。

例えば、顔のたるみやシワは頭皮が下がることによって引き起こされますが、この頭皮が下がる原因となるのが、加齢による筋肉の減少に加えて、水分不足と汚れです。

頭皮は顔の皮膚と同じ『肌』。

普段から紫外線や外気に直接さらされている頭皮ですが、顔の様に『頭に保湿しなきゃ』と、考える人はほぼいません。

また、水分不足の頭皮は肌に弾力が無くなり、毛穴が開きやすくなります。

頭皮は私たちの体の中でも皮脂腺や汗腺が多い部位です。その為、頭皮の開いた毛穴には過酸化脂質と呼ばれる頭皮の脂が固まった汚れが溜まりやすく、細毛・抜毛の原因となるのです。

AMIMO製品はたっぷり配合されたアミノ酸を使って、頭皮の血行を促し皮脂と水分のバランスを整えてくれます。

良い土から美味しい野菜が育つように、土台となる頭皮の環境が整っていれば健やかな髪が生えます。頭皮の環境を維持することはエイジングケアにも繋がるのです。

にゃあち

肌に優しいAMIMOは敏感肌やアトピー、生まれたての赤ちゃんにも安心して使えるニャ。

アミノ酸シャンプーのデメリット

尚、アミノ酸シャンプーのデメリットはと言うと、『洗浄力が弱い』ことと、『価格』が挙げられると思います。

洗浄力がソフトなのはメリットですが、使う人によってはデメリットにもなり得ます。皮脂がとても多い方、整髪剤を多く使う方、髪が極端に汚れる環境の方にはアミノ酸シャンプーは洗浄力が弱いので不向きとされています。

また、一般のシャンプーと比べるとアミノ酸シャンプーの値段は高めです。

これは原価の安い高級アルコール系界面活性剤を使用している多くのシャンプーに対して、天然由来の成分を使用しているアミノ酸シャンプーとの違いでもあります。

AMIMOを実際に使ってみた

私自身の髪質はというと、太くて毛量が多いくせ毛、湿気が多いと膨らんでしまいます。ショートヘアーにも関わらずドライヤーで乾かすのに時間がかかり、頭を洗った翌日でもお昼頃には頭皮がべたついてくるのが長年の悩みでした。

実は、AMIMOを使う直前まで使っていたのは、某米国有名ブランドのアミノ酸シャンプー。しかし、そのシャンプーを使っている間も頭皮と髪の状況は改善されなかったのです。なので、私の中ではアミノ酸シャンプーへの期待はかなり低めでした。

そんな中、ひょんなご縁からAMIMOを使い始めたところ...同じアミノ酸シャンプーでも全然違うことに愕然。

シャンプーを変えただけなのに、頭皮の毛穴が一斉に呼吸を始めたかの様な解放感!そして毛髪の自然なしっとり感!

洗い始めた瞬間に『ナニコレ、ヘッドスパみたい!!!』と衝撃を受けた事は今も鮮明に覚えてます。

にゃあち

初めて使った時はホントにびっくりしたニャ

AMIMOのシャンプーとコンディショナーはどちらもフローラル系の香り。

シンプルでいてスタイリッシュなボトルは、バスルームのインテリアとしてもさまになります。

シャンプー

シャンプーは光沢のある黄みがかったパール色の液体。

とてもソフトな泡立ちです。

どちらかというと泡立ちにくいので、モコモコに泡立つのが好きな方には物足りないかもしれません。こんなに少ない泡で汚れが落ちるかな?と最初は半信半疑ですが、洗髪後は頭皮のさっぱり感と心地良い軽さがあります。

シャンプーで地肌を洗うことは洗顔と同じように美容の基本です。ミディアムヘアの方でアミーモシャンプーを約3プッシュ濡れた髪にまんべんなくもみ込み泡立て表面の汚れを落とします。一度、洗い流してもう一度…そうです!ダブルシャンプーです。きめ細かい泡が毛穴につまった汚れを取り除き血行をうながします。少し面倒…とのお声もあります。しかしこの面倒さが後の感動をお約束します。

引用元:https://www.shampoo-amimo.com
コンディショナー

コンディショナーは真っ白でクリーム状のテクスチャー。

髪につけた瞬間シュッと吸収されていく感覚があります。

一般のコンディショナーによくある、髪につけた時の薬品によるツルツル感は全くありません。それでいて洗い流した後はしなやかな手触りです。ドライヤーで乾かすと髪がまとまりやすく自然な艶が出ます。

シャンプー後の髪・地肌のイオンバランスを整え、弱酸性に保つ働きをします。また、市販のコンディショナーとは異なり頭皮に直接お使い頂けるようコーティング剤ではなく植物性セラミド(レシスティン)を配合しておりますので安心して地肌から毛先まで塗布して頂けます。キューティクルを優しくひきしめ、毛先までしなやかな潤いを与えます。 

引用元:https://www.shampoo-amimo.com

AMIMOを使い始めてからは、時間がたっても頭皮がさらっとしたまま!そしてとにかく髪の毛が扱いやすくなりました。これって最初のうちだけかな?と思ったのですが、その後何度頭を洗っても同じようにいい感じが続いてます。

頭皮の油分と水分が整ってきたせいかドライヤーの時間も短縮。素人目にも髪が元気になってきてるのが判るので、鏡をのぞくのが楽しみです。

しかも、髪の毛や頭皮だけでなく、割れやすくなっていた爪が強くなってきたのは嬉しいサプライズでした。

更に、バスタブのヌメヌメ感が無くなって、お掃除がしやすくなったコトを最近になって発見。

人だけでなく、地球にとっても優しいプロダクトなのだと改めて実感してます。

様々なハッピーをもたらしてくれるAMIMOのシャンプーとコンディショナー。地肌から綺麗になる感動を沢山の方に知ってもらえたら嬉しいです♬

にゃあち

クリスマスプレゼントや、いつもがんばってる自分へのご褒美にするのもおすすめニャ~♪

ウェブサイト情報

AMIMO (アミーモ)Ageless Shampoo & Conditioner  
●日本のオフィシャルサイトはこちらから
●米国のオフィシャルサイトはこちらから

目次
閉じる