クイーンズでフレンチレストランと言えばここ!~Bistro Eloise~

ビストロ・エロイーズのエッグベネディクト

少しずつ暖かい日が多くなってきたニューヨーク。気候がよくなってくると外出が楽しみになりますね。

週末は少し遠くまで足を延ばして、ブランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回はこれからの季節にぴったりなフレンチレストラン、ビストロ・エロイーズ(Bistro Eloise)のご紹介です。

目次

Bistro Eloiseについて

オーナーはフランス・ブルターニュ地方出身のヴィンセント・カロ(Vincent Caro)さん。

カロさんはクイーンズのサニーサイドで絶賛されたフレンチレストラン、『コート・ソレイユ(COTE SOLEIL)』をオープン(2016年)した方です。

日本人の間でも人気のレストランだったのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

サニーサイドのコート・ソレイユ
現在はクローズしてしまったサニーサイドのコート・ソレイユ

そんなカロさんが、2018年にクイーンズのジャクソンハイツにオープンしたのが『ビストロ・エロイーズ(Bistro Eloise)』です。

この2軒の店舗は姉妹レストランとして地元民をはじめとする多くの人に愛されてきました。しかし、この2020年のコロナ禍をきっかけに、カロさんはコート・ソレイユの店舗はクローズし、ビストロ・エロイーズと併合させて1軒のレストランとすることを決断。

その為、サニーサイドの店舗は閉店してしまいましたが、コート・ソレイユのメニューはそのままビストロ・エロイーズに引き継がれています。

"農家から食卓へ”をコンセプトに、新鮮、安全、そして美味しい食材を使ったフレンチが楽しめるレストランです。

ロケーションと行き方

ビストロ・エロイーズが位置するのはクイーンズの中心街から外れた小さなモール内。

以前このブログでご紹介したフレンチベーカリー、キャネル・パティスリー(Cannele Patisserie)のお隣に位置します。

最寄駅はJackson Hts-Roosevelt Avenue (地下鉄Ⓔ、Ⓕ、Ⓜ、Ⓡ)または 74th Street Broadway (地下鉄⑦)。ここから更にバスに乗って15分前後、徒歩でも30分ほどの距離です。

行き方の詳細は下記の記事をどうぞ☟

木の温もりを感じさせる店内と青空を楽しめる屋外

ビストロ・エロイーズはもともと店内と屋外で食事が楽しめるレストランです。

縦長の店内は、白を基調とした空間に木の梁がアクセントになったプロバンス風インテリア。天然木を使ったテーブルと椅子、そしてフローリングが心地良い落ち着きを感じさせます。

ビストロ・エロイーズの内装
落ち着いた配色の店内

壁にはエッフェル塔をはじめ、フランスを思い起こさせるウォールアートと鏡がバランスよく配置されているのがお洒落。

家族、友達、恋人同士、または会社の行事、結婚式の2次会等々、様々なオケージョンで使えるレストランです。

お店の真正面にはアウトドア・ダイニング用のテラス席があります。

冬場は風除けの為簡易的な屋根と壁が取り付けてありますが、暖かくなると取り外されて青空の下で食事を楽しめます。

週末ともなると人気のブランチを目当てにお客さんがどっと訪れるので、レストランの前は人・人・人でいっぱいです。

日差しが強くなる季節にはパラソルの下でちょっとした小旅行気分を味わいながら食事をゆっくり楽しめるのもポイント。

ビストロ・エロイーズの屋外席
店舗前に広がる駐車場の一部に建てられた屋外席

マンハッタンだと車の交通量が多いのでテラス席はどうしても排気ガスが気になりますが、ビストロ・エロイーズは道路から離れた広い駐車場の一部がテラス席になっています。 

ただ、ラガーデイア空港が近い為、屋外は飛行機の音が間近でします。しょっちゅう通るわけではありませんが、気になるのであれば店内での飲食がおすすめです。

おすすめメニュー

各テーブルにはサニタイザーが用意されており、フレンドリーな店員さんが心地良く応対してくれます。お客さんもリピーターや地元の人が多いせいか、始終和やかで笑顔が絶えません。

地元で採れた野菜や信頼のおけるお肉や魚介類を使って作られた料理はどれも美味!

イングリッシュマフィンの上にカナディアンベーコンと半熟卵、そしてオランデーズソースが合わさったエッグベネディクトは人気メニューの1つ。

ビストロ・エロイーズのエッグベネディクト2
エッグベネディクトが食べられるのは週末のブランチのみ($13.00)

他にもエスカルゴのガーリックバターフレンチオニオンスープムール貝のワイン蒸しは昼夜問わず人気のメニューです。

また、エビとロブスターのシザーズサラダもおすすめの一品。

コート・ソレイユでは“Today's Special (本日のおすすめ)”としてイレギュラーでサーブされていたこのサラダが、ビストロ・エロイーズでは通常メニューとして提供されています。ボイルされた新鮮なシーフードは肉厚で甘みたっぷりです。

ちなみに店員さんが教えてくれた平日ランチの人気メニューはアンガス牛を使用した肉厚でジューシーなバーガー・エロイーズ(Burger Eloise)

ビストロ・エロイーズのハンバーガー
とろけたチーズと飴色の玉ねぎが食欲をそそるバーガー・エロイーズ($15.00)

デザートのおすすめはレモンタルト

テーブルに運ばれてきたとたん、爽やかなレモンが上品に香ります。酸味も程よく甘すぎないレモンカスタードは手作りならではの優しい味です。

最初はタルトが硬くて切れず、ちょっと奮闘したものの、タルト生地そのものの美味しさにもびっくり!日本の鳩サブレを思い起こさせる良質なバターの風味と食感が何とも言えず幸せ気分にさせてくれます。

尋ねてみたところ、購入したタルトのカップにレストランで手作りされているレモンカスタードを詰めてメレンゲをトッピングしているのだそう。

ビストロ・エロイーズのレモンタルト
タルト生地まで美味しいレモンタルト($10.00)

外部から取り寄せるものはメインメニューだけでなく、デザートまで本当に美味しいモノにこだわっているのがこのタルトを味わうとわかります。

伝統的なフランスの家庭料理から、現代風にアレンジしたメニューまで気軽に楽しめるビストロ・エロイーズ。

エッグベネディクトはブランチメニューのみの提供となるので食べたい方はぜひ週末に訪れてみてくださいね♪

お店・ウェブサイト情報

BISTRO ELOISE (ビストロ・エロイーズ)
所在地:75-57 East 31st Avenue, Jackson Heights, NY 11370
TEL: 718-440-9493
営業時間:月曜定休
12:00pm - 9:00pm (日ー木)
12:00pm - 10:00pm (金-土)
ブランチ:12:00am-4:00pm (土、日)
**時間に関しては変更される場合があるのでお店に直接お問い合わせください
最寄り駅:Jackson Hts-Roosevelt Avenue (地下鉄Ⓔ、Ⓕ、Ⓜ、Ⓡ)または 74th Street Broadway (地下鉄⑦)
ウェブ:オフィシャルサイトはこちら

目次
閉じる