【南米ひとり旅】チリ・バルパライソ観光 ~サンティアゴ市内からバスでの行き方~

チリ・アラメダ・バスターミナル

2019年の11/19~12/6まで、南米のチリとペルーを旅してきました。

今回の旅の目的は、星で有名なアタカマ砂漠、町中がアートのバルパライソ、自然が生み出した秘境マーブルカテドラル、そして空中都市マチュピチュを訪れること。

チリのサンティアゴ滞在中に、日帰りでバルパライソ(Valpariso)を訪れました。

バルパライソはチリの主要港として古くから栄え、町全体が世界遺産として登録されている港町です。特にウォールアート(壁画)が有名なので、町の名前を知らなくても、写真で見たことがあるかもしれません。

サンティアゴ市内からはバスで行くのが、値段を抑えることが出来る上に、簡単・快適です。

バスで行くのに必要なコトは大きく分けて、

  1. 地下鉄に乗ってバスターミナルへ行く
  2. バスのチケットを買う、の2つです。

今回の旅で実際に利用したアラメダ・バスターミナル発のTurbusでの行き方を①、②に沿って見てみましょう。

下記ブログの内容は2019年11月時点での情報となります。

使用している為替レート:
1チリペソ(CLP)=0.14円

目次

サンティアゴ市内からバルパライソへの行き方

①地下鉄に乗ってバスターミナルへ行く

アラメダ・バスターミナルはサンティアゴ市内の主要バスターミナルのひとつです。

サンティアゴ空港と市内を結ぶ空港バスの発着地でもあります。

スクロールできます
バスターミナル名地下鉄駅主な運行バス会社
Terminal Alameda Santiago
(アラメダ・バスターミナル)
U. de Santiago
(ウニベルシダ・デ・サンティアゴ)
Turbus, Pullman

アラメダ・バスターミナルがあるU. de Santiago駅は地下鉄1号線(赤)にある駅です。

チリ・サンティアゴ地下鉄マップ1号線(赤)

サンティアゴの地下鉄は次に停まる駅のアナウンスがあり、各駅のプラットホームには駅名が大きく表示されているので、『降りる駅が判らない!』なんてことは先ずありません。

U. de Santiagoで地下鉄を降りたら、駅構内にある乗換え案内表示に沿って進みます。少し行くと、写真の様なTurbusの看板とエスカレーターが見えてきます。

メトロからバスターミナル

ここから上階に上がればアラメダ・バスターミナルのTurbusの窓口に直結しているので、とてもわかりやすいです。

空港⇔バルパライソのバスの移動の場合

バルパライソ観光の行き/帰りにサンティアゴ空港へのアクセスが含まれる場合は、地下鉄Pajaritos(パハリートス)に直結しているパハリートス・バスターミナルを利用すると便利です。

Pajaritosも地下鉄1号線(赤)上にあり、U.de Santiago駅よりも4駅西側に位置します(上のメトロマップ参照)。

言い換えると、パハリートス・バスターミナルは、アラメダ・バスターミナルより空港やバルパライソへの距離が近くなるので、バスの乗車時間も15~20分ほど短くなります。

また、アラメダ・バスターミナルから出発したバスの多くは、パハリートス・ターミナルを経由します。

地下鉄に乗るのに必須のbip!カードの買い方や、地下鉄の乗り方は下記の記事をご参照ください。

②バスのチケットを買う

Turbusはチリの2大バス会社の1つで、サンティアゴ空港と市内を結ぶ空港バスの運行もしています。

アラメダ・バスターミナルからバルパライソ行きはおよそ20分間隔で出発。所要時間は1時間半~2時間です。

窓口では行き先を告げてバスを検索してもらいます。英語は通じないので、携帯のグーグル翻訳アプリの画面を見てもらいながらやり取りをしていました。

バルパライソ行きの チケットをお願いします。
スペイン語:Un boleto a Valpariso por favor.

窓側 / 通路側の座席をおねがいします。
スペイン語:Un asient de ventana / pasillo por favor.

窓口の係員さんはとても観光客慣れしているので安心です。言葉が解らなくて『うーん』と考え込んでいると、時間や座席表をPCの画面で見せてくれたり、とても親切に対応してくれます。

<乗車券購入時に役立つ単語>

スクロールできます
日本語スペイン語
乗車券boleto
行先destino
出発時間hora de salida
到着時間hora de llegada
片道 / 往復solo ida / ida y vuelta
窓側 / 通路側ventana / pasillo

往復を購入する場合、復路の時間は事前に決めなくてもチケットの購入が出来ます。私はその事を知らずに、復路の時間を指定してしまったので、バルパライソでの滞在時間が短くバタバタしたものになってしまいました。

サンティアゴ⇔バルパライソ間のバスの運行時間の目安は6:00am ~ 22:20pm(バス会社によって変わる為要確認)

座席

Turbusは2階建てバスです。

バスの座席の種類(Turbusの場合)

料金が低い順に、『セミカマ』<『サロンカマ』 < 『プレミアム

『セミカマ』はいわゆる飛行機のエコノミークラスの座席で、サンティアゴ⇔バルパライソの様な、中距離のバスにはこのタイプが多い。『プレミアム』はビジネスクラスと同じようにシートがフルフラットになり、国境を超える様な長距離バスに備わっている。

私が乗ったのは全席『セミカマ』のバスで、座席番号1~17番は1階、18番からは2階席になります。

空いていた席番号を適当に選んだところ、行きが11番(1階の窓側)、帰りは23番(2階の窓側)で上下両方とも体験できました。個人的には天井が若干高めで開放感がある2階席が好かったです。

料金と支払

チケット料金は、バス会社、平日/週末・祝祭日、目的地、座席の種類によって変わります。

Turbusの週末バルパライソ行きのセミカマは往復で7,600チリペソ(1,064円)でした。

支払は、現金またはクレジットカードが可能です。

サンティアゴ市内⇔バルパライソ間のバス料金の目安は片道3,000~7,500チリペソ(420~1,050円)前後。往復での購入がお得。

バスターミナルの様子と乗場

チケット売場に向かって右手がバスターミナルの出入口です。

Turbusのバスターミナル

ターミナルには、ちょっとしたカフェやキオスク、有料トイレ(400チリペソ(56円))があります。

Valpariso行きの乗り場は7番8番

Turbusの行き先案内

バス車両前面の電光掲示板に発車時間と行き先が表示されます。バスは時刻通りに発車するので、余裕を持って乗り込みましょう。

Turbusの車内はとても綺麗でした。座り心地もよかったです。窓辺に厚手のカーテンがあるので日差しが調節出来ます。車内にはトイレも備わっていますが、出発前にターミナルの有料トイレで済ませておくのがおススメです。

バルパライソに入る前は広大なワイナリーが続く風景を楽しめます。

バルパライソからサンティアゴ市内へ

サンティアゴに戻るバスは、バルパライソに到着した時と同じバスターミナルから発車します。

バルパライソのバスターミナルと所在地:
Terminal Rodoviario Valparaiso
Av. Pedro Montt 2860, Valparaíso, Chile

サンティアゴ行きのチケットを購入していない場合は、このターミナルの窓口で購入できます。

また、サンティアゴから来る時に、往復チケットの復路の時間を指定せずに購入していた場合は、Turbusの窓口で乗車できる時間と座席を確認します。ラッシュアワーや週末は混むので、乗車できるまでしばらく待たされるかもしれません。

サンティアゴから出発した時と同様に、バス車両前面の電光掲示板に発車時間と行き先が表示されているので、確認してから乗り込みましょう。

今日も素敵な1日になりますように。

目次
閉じる