【南米ひとり旅】マーブルカテドラルへの行き方③ ~絶景のアウストラル街道とホントに青くて神秘的なマーブル・カテドラル ~

アウストラル街道休憩所の風景

2019年の11/19~12/6まで、南米のチリとペルーを旅してきました。

今回の旅の目的は、星で有名なアタカマ砂漠、町中がアートのバルパライソ、自然が生み出した秘境マーブルカテドラル、そして空中都市マチュピチュを訪れること。

南米旅行をするならぜひ訪れてほしいのがチリとアルゼンチンをまたぐパタゴニア地方。

交通手段が限られるので行くのは大変ですが、壮大な自然が人を惹きつけて止まない場所です。

今回のブログではそんなパタゴニア地方にある、世界で最も美しいと言われる『アウストラル街道』と、死ぬまでに一度は行きたい場所としても有名な『マーブルカテドラル』のツアーを実際に体験した時の様子を綴っています。

下記ブログの内容は2019年11月時点での情報となります。

使用している為替レート:
1チリペソ(CLP)=0.14円

目次

アウストラル街道~コジャイケの町からトランキーロへ~

天気予報の曇りマークとは裏腹に、朝から太陽の光がまぶしいくらいの良いお天気!

宿を早めに出て8時半にバスターミナルに着くと、トランキーロ行きのバス(9時発)が既に乗客を乗せて待機していました。

トイレ無しの普通の観光バス。車内も綺麗で、座り心地も問題ありません。

コジャイケの町を後にすると、バスは絶景と言われるアウストラル街道をトランキーロまで走り続けます。

アウストラル街道の羊たち
青空の下で気持ちよさそうに草を食べてた羊たち
アウストラル街道にある建物
岩の上に建てられた面白い形の建物

山頂を雪で覆われた山々が連なり、どこまでも広がる青空と緑の大地...

アウストラル街道はこれでもかというくらい次々に絶景が現れます。

その自然のスゴさと言ったら、もうバスに乗っている間中窓にくぎづけです!

アウストラル街道2
アウストラル街道は世界で最も美しい林道と呼ばれている

次々と絶え間なく目に飛び込んでくる自然は圧巻で、何かを考える間も無いほどただひたすらに感動でした。

人間は自然の一部と言われますが、初めて来た場所なのにどこか懐かしくて、不思議と穏やかな気持ちが同時に溢れ出てきます。

自然を見て感動したことは今まで何回もあったはずなのに、生きていることに感謝の念が溢れてきたのは今回が初めてでした。

アウストラル街道はただ自然が綺麗なだけではなく、自然を超えた何かを多くの人が感じられる場所なのではないかなと思います。

同時に、道路の舗装や工事があちこちで行われてることが気になりました。

この素晴らしい場所を訪れることが出来るのは道があるからなのだけど、どうか自然とのバランスが保たれます様に、行き過ぎた開発が行われません様に...と、祈る気持ちでいっぱいです。

今回の旅でアウストラル街道は、私にとって『必ず戻ってきたい場所』のひとつになりました。

アウストラル街道の休憩場所近くの家並
休憩場近くの家並み

出発してから2時間ほど経ったところで、一旦休憩に。

トイレは有料で200チリペソ(28円)。

小銭が190チリペソしかなかったのですが、ダメもとで聞いてみると、『OK!』と貸してくれました。

有料なだけあって水洗式でペーパーもあり、とても清潔です。

途中、舗装されていない砂利道では、タイヤに弾かれた小石がバスの底に当たってカンカンとリズム良く鳴り響きます。

ターコイズブルーの湖が見えてきたら、トランキーロまであと少しです。

息を吞むほど美しいヘネラル・カレーラ湖

青の洞窟:マーブルカテドラルへ

コジャイケを出発してから約4時間半。13:20pmにトランキーロ到着!

トランキーロはのどかで本当に小さな小さな町です。

まずは荷物を置きに、宿にチェックイン。

Wifiを繋げて、天気予報を確認してみると私の滞在中はほぼ雨マーク。

日差しのあるのは今だけかもしれない…!と思い立ち、直ぐに出発するツアーを探しに出かけました。

マーブルカテドラルのツアーを行っている会社は、町の入り口にあるガソリンスタンドの周辺と湖畔に何件か固まっています。

ツアーは常時催行されている訳ではなく、人数がある程度集まらないと出発しません。

この日は町が閑散としていて、人影がほとんど無い状態でした。

ツアーは無理かな...と半分諦めかけたその時、オレンジ色のセーフティー・ジャケットを着て歩き出すグループを発見!

マーブルカテドラルのツアー会社
参加したツアー会社の建物

係員らしき人のもとへ大急ぎで行ってみると、今出発したグループは1時間半のボートツアーとのこと。

値段を尋ねたところ10,000チリペソ(1,400円)だったので参加を即決。セーフティー・ジャケットをもらってグループの人達を追いかけます。

マーブルカテドラルへ行くツアーは相乗りの小型ボートと、カヤック(1人乗り)の2種類。

カヤックは、ボートと比べると3~4倍値段が高いです。しかし、ボートでは狭くて入れない様な場所にも行かれるので、マーブルカテドラルをじっくり見たい人にはカヤックがおすすめです。

また、マーブルカテドラルは光の反射具合で青さが変わるので、できれば午前と午後、両方のツアーに参加するのが好いとも言われています。

私の場合、カヤックに乗ったことが無いのと、水が怖いので(^^;)初めからボート一択でした。

町の入り口から少し離れたポートまで歩いてから小型のモーターボートに乗り込みます。

この日の乗客は6人とワンコが1匹。

風がビュービューと吹く中を結構なスピードで跳ねる様に進みます。

水面にボートの底が当たる度にお尻が浮き上がるのでボートから投げ出されないかとヒヤヒヤ。

水しぶきがガンガンあたるので、貸し出されたポンチョが丁度好い水避けと風避けになりました。

とても寒いので、ツアーに行く際は防寒着は必須です。

私はウールの帽子、ウィンドブレーカー、フリース、パーカー、長袖Tシャツ、ズボンにレギンスを重ね履きした上にレッグウォーマーの格好でした。

まるで冬空の下にずっといたかの様に手がかじかむので、薄手でも手袋を持って行くのがおすすめです。

30分ほどで目的地に着き、巨大な岩の中に入ったり出たりしながら進んで行きます。

水の色がとにかく綺麗でボートの上から水面を眺めているだけでも幸せ♡

マーブルカテドラル1
日差しによって変わる水の色はまるで宝石の様

この日は雲が多かったせいもあり、インターネットに載っている様な青さでは無かったけれど、マーブルカテドラルは確かに青い!です。

マーブルカテドラル2
空、水、山そして岩と自然が織りなす様々な青のコントラストが美しい

洞窟の中で岩に触ってみると、滑らかでツルツルしてて本当に大理石でした。

マーブルカテドラルの岩の表面
マーブルカテドラルの岩の表面

ー翌日ー

朝からずっと雨が降ったり止んだりのグズついたお天気。分厚い雲に覆われて、前日の青さが嘘の様に湖の色も灰色です。

お天気が良ければ午前中のマーブルカテドラルに行きたかったのですが、悪天候でツアーが全く出ていません。

結局、参加できたのは1回だけでしたが、昨日のツアーに行けたのは本当にラッキーでした。

トランキーロはとても天候が変わりやすい場所です。

天気予報や旅行計画にこだわらず、チャンスがきたら迷わずマーブルカテドラルツアーに参加することをおすすめします!

うす雲が幻想的だった雨上がりのヘネラル・カレーラ湖
目次
閉じる