【南米ひとり旅】クスコからマチュピチュへ鉄道での行き方 ③ ~ペルーレイルのチケットをオンラインで購入する~

クスコからマチュピチュへ鉄道の旅

2019年の11/19~12/6まで、南米のチリとペルーを旅してきました。

今回の旅の目的は、星で有名なアタカマ砂漠、町中がアートのバルパライソ、自然が生み出した秘境マーブルカテドラル、そして空中都市マチュピチュを訪れること。

これまで『クスコからマチュピチュへ鉄道の行き方』として

①ペルーレイルとインカレイルを比較
②列車の発着数が最も多いオリャンタイタンボ駅へ行く方法

を見てきました。

今回③では実際にレイルチケットをオンラインで購入する方法を画像入りでまとめています。

目次

レイルチケットの購入方法

マチュピチュのベストシーズンは乾季(5~11月)と言われています。

私がマチュピチュを訪れたのは12月に入ってからだったので比較的取りやすかったのですが、それでも自分の限られた旅程に合わせて時刻や発着駅を考えるのは結構時間がかかりました。

マチュピチュに行く!と決まったら早めにオンラインを覗いて、チケットの手配をしておくのがおすすめです。

ペルーレイルのチケット購入はこちらから

インカレイルのチケット購入はこちらから

(クリックすると外部サイトに飛びます)

チケットの購入の際に入力/選択する内容は基本的に同じです。

下記はペルーレイルのサイトからの購入手順になります。

①チケットを探す

ペルーレールチケット購入1

ペルーレイルのホームページ画面の左側から、まずRound trip(往復)か One Way(片道)を選択

行先は、MACHU PICCHU を選択

ルートは、クスコからマチュピチュ村へ行く場合は CUSCO>MACHU PICCHU を選択

オリャンタイタンボからマチュピチュ村へ行く場合は OLLANTAYTANBO>MACHU PICCHU を選択

日にちと人数を確認して右側にある黄色いボタン『FIND TRAIN TICKETS』をクリック

片道よりも往復で購入したほうが、1枚当たりのチケットの値段が安くなります。

②列車を選択する

ペルーレイルチケット購入⑤
Outbound(→ マチュピチュ方面行)

次の画面で出てくる出発駅、到着駅が正しく表示されているか確認。

その下に列車のクラス、時間、金額が提示されているので、自分の日程や予算に照らし合わせながら選ぶ。

クスコ発着の場合は、列車のクラスの横に『Expedition 〷(San Pedro)』、『Expedition XX(Poroy)』の様に異なる出発駅の名前が書いてあるので、同じExpeditionでも自分が出発したい駅を選択。

ペルーレイルチケット購入⑦

ペルーレイルの場合、1~4月の雨季シーズンにCUSCO>MACHU PICCHUのルートでチケットを購入しようとすると、上の画像の様にバスと電車のイラストが加わった、Bimodalサービスのチケットが表示される。

Bimodalサービスの画面では時刻が、バス出発時間、列車出発時間、列車到着時間の順に表示されているので注意。

Bimodalサービスに関してはこちらの記事をどうぞ☟

ペルーレイルチケット購入⑥
Inbound(→クスコ方面行)

往復を購入する場合はOutboundを選択した後にInboundからも選択する。Inboundの到着駅の箇所は必要があれば変更する。

選択が済んだら画面右下の『CONTINUE』をクリック

③搭乗者の情報を入力する

ペルーレールチケット購入③

搭乗者の情報を入力。

身分証明書はパスポートを選択、身分証明書番号はパスポートの番号を入力。

電話番号は日本の場合は市外局番の最初のゼロは入力しない(例えば、03-123-4567ならば+81の後は31234567と入力)

メールアドレスを入力したら再度同じメールアドレスを入力。このアドレスに手続き完了のお知らせや電子チケットが届くので、スペルの間違いの無いように!

入力が終わったら画面右下の『CONTINUE』をクリック

④支払い

ペルーレールチケット購入④

支払方法はクレジットカード(ビザ、マスター、ダイナース)、またはペイパルを選択。

『PAY』のボタンをクリックして、次の画面で支払い方法によって必要な情報(カード番号、有効期限、等)を更に入力。

支払が完了すると、登録したメールアドレスにコンファメーションのメールとチケットが届くので内容を確認する。

インカレイルでは、ビザ、マスター、ダイナース、ペイパルの他に、アメックスでの支払いが可能です。

ペルーレイルのチケット

以前はチケットをプリントアウトして持参しなければなりませんでしたが、現在はデジタルチケットを携帯で提示すれば乗車できるようになりました。

マチュピチュへの鉄道の旅を終えて思う事

最終的には各自の日程、予算、そして好みによるので、あえてペルーレイルかインカレイルかどちらがよいとは言えませんが、私の場合は時間の選択肢が多かったペルーレイルを利用しました。

ペルーレイルに関しては、VistadomeとExpeditionの内装の違いがほとんど無いので、どうしてもというのでなければ、Expeditionで十分だと思います。

実際に乗ってみてExpeditionは座席が広くて座り心地も良く、窓も十分な大きさでした。エンターテイメントも無いので、邪魔されること無く外の景色を思う存分楽しめたのも私には合っていました。

列車の発着駅に関しては、サンペドロ駅は絶対的に便利だと思います。

私がマチュピチュに行く計画を立てた当時はこの駅の存在を知らず、最初からオリャンタイタンボ駅に行く方法を調べまくっていました。

もし知っていたら、私が泊まっていた宿から歩いて5分ほどで行かれる距離だったので、サンペドロ駅発着のチケットを探したと思います。

また、上記の『②列車を選択する』の箇所で触れているレイル会社が提供しているのBimodalサービスは、年配の方や小さなお子さん連れがコストを抑えながら安心して旅行を楽しめるのではないかと思ったサービスです。

マチュピチュ旅行は計画するのも実際に行くのも沢山の時間がかかります。

このブログが何らかの役に立てたら嬉しいです!

目次
閉じる